押さえておきたい景品選び

二次会の景品選びってやっぱり大事

二次会の景品選びってやっぱり大事

二次会の景品選びってやっぱり大事 会社の忘年会などで二次会を行ったとき、ビンゴゲームなどの場が盛り上がる催し物を取り入れることがよくあります。
そのときに幹事は景品を用意しておくと思いますが、この景品選びが実はとても大事になるのです。
二次会を単なる宴会の延長と捉えずに、二次会こそが宴会の本番だと思って、みんなが楽しく参加できるような景品を用意することで、参加率も上がってきます。
良くあるのが、一次会は付き合いで顔を出すけど、二次会は一応顔も出したし、帰っても大丈夫だという考えで、参加率が下がることです。
しかし、会社の催し物で大切なことは、より多くの社員が参加して楽しむことで、社員の結束が深まることです。
そのことで愛社精神が強く生まれていき、モチベーションも生まれてくるのです。
景品を選ぶとき、そのときにみんなが何をもらったら喜ぶかを考えたり、調べたりすることが大事です。
欲しいものがたくさんあるビンゴ大会だったら、みんな参加したくなります。
選ぶときに重要なのは、みんなが使いやすいものを選ぶことです。
例えば、子育て用品をもらっても、結婚もしていない男性が喜ぶことはありません。
ゴルフセットをもらっても、全く興味のない女性がもらっても、嬉しくありません。
そのような偏ったアイテムではなく、黒毛和牛セットやディズニーランドペアチケット、家電などのみんなが欲しいと思うものをチョイスしていきましょう。

二次会の景品選びのおすすめは?

二次会の景品選びのおすすめは? 二次会を取り仕切る幹事を任された人にとっては、みんなが楽しんでもらえるような企画を考えるにも苦労してしまいがちです。
一次会では食事を済ませているのでおなかがいっぱいということもあって、集められた会費の中では食事よりもイベントに予算を使いたいものであり、ゲームの景品選びも重要になってきます。
景品選びでは、みんなが最後まで楽しむことができるような商品を選ばなければなりません。
たくさんの景品を用意して多くの人に手にしてもらうことができれば、二次会に参加してもらったお土産にもなるのでおすすめですが、その分だけ一つ一つの商品の値段は低くなることから、もらったことは嬉しいとしてもそれほど喜ばれるものではなくなってしまいます。
そこで、目玉となるような高額商品を一つでも用意しておくというのがおすすめです。
二次会では、お酒が入っていることもあってゲームよりも友人との会話も進んでしまうこともあります。
そうなれば、ゲームに集中せずに場がだれてしまうことになり、せっかくの企画も台なしになってしまいます。
最後まで高額商品が残っていれば、景品を求めてゲームに集中してもらうことができ、最後まで楽しめるイベントとなるでしょう。

copyright (C) 2017 押さえておきたい景品選び. All Reserved.